M.D.Sの強み

協力メーカー120社以上を有する提案型商社M.D.S

M.D.Sは、協力加工メーカーや表面処理メーカー・熱処理メーカーなど合わせて協力メーカー120社以上を有する提案型商社です。協力メーカーの内訳は、切削加工、研削加工などの機械加工全般、焼結・鍛造・モールド成型・プレス板金・アルミ鋳造・ゴム成型などの型成型全般、無電解ニッケル・亜鉛メッキ・アルマイトと言った表面処理、ガス軟窒化処理・浸炭焼入れなどの熱処理メーカー全般など多岐に渡ります。

協力メーカー

機械加工全般

切削加工、研削加工など

型成型全般

焼結・鍛造・モールド成型・プレス板金・アルミ鋳造・ゴム成型など

表面処理

無電解ニッケル・亜鉛メッキ・アルマイトなど

熱処理メーカー全般

ガス軟窒化処理・浸炭焼入れなど

モノづくりに関わるあらゆる加工と処理に対応

モノづくりに関わるあらゆる加工と処理に対応する事が出来ます。また、複合的な工程の管理が必要な製品に付いては、コスト面や品質面、精度面を十分考慮した上で、管理を1社に任せるのでなく、それぞれの工程区分でベストの選択をする事が出来、その結果、お取引様のコスト低減や品質改善、機能向上、分散していた購入先の集約という形で協力させて頂いております。

試作品の早期お見積もり、短納期にも対応

試作品のお見積もりも出来るだけ早期にご回答する事を心がけており、協力メーカーを駆使し短納期などにも対応しています。
また、御客様の要望に応えるべく各製造工程を細分化した上で、各工程において御客様の利益につながるようなベストな選択をして参ります。

長工程の量産品、高精度や管理の難しい製品を弊社が管理・連携

量産品の中で例として鍛造加工→旋盤加工→マシニング加工→熱処理→旋盤加工→表面処理→組立と工程が長く、また高精度や管理の難しい製品を弊社が管理・連携できることが他社にはない強みとなっています。
また、加工だけでなく熱処理・表面処理に関しての知識を習得した者が提案することも強みであります。

量産を前提とした試作品製作までの流れ

開発案件

社内検討
(量産を踏まえた加工先選択)

加工先

表面処理先

熱処理先

必要に応じて上記の各協力先と打ち合わせを行い、
それぞれについて品質面やコスト面から最善の選択を行う。

お客様と打ち合わせ

品質向上やコストダウンのための提案をさせていただく

お見積書提出
(試作費・量産単価)

試作製作

メーカーとの打ち合わせを重ねて最善策を見出します

これまでの実績では、医療機器製品(アルミ切削加工品)のカラーアルマイト製品(外径2.2㎜)の外径公差レンジが0.016㎜(16μm)以内という製品を管理し50,000個程度/月を量産として対応。これは、加工メーカーと表面処理メーカーとの打合せを重ね最善策を見出した結果で、品質管理面や納期面及び量産性でかなり難しい製品であります。
また、熱処理が必要な製品(旋盤・マシニング加工品)の公差レンジが0.04㎜(40μm)以内という製品も10,000個以上/月を量産として対応。これは、鍛造加工・旋盤加工・マシニング加工と言った複合的な加工を必要とし、更に熱処理・表面処理・組立まで絡む製品である為、品質管理面や納期面及び量産性でかなり難しい製品であります。通常の機械加工メーカーでは、200~500個/月が限界です。

熱処理や表面処理などが絡む高精度の製品の管理においては実績もあり、力を入れています。

弊社が加工全般を担う事で、お取引先様の加工先の集約や管理費などの削減にもご協力させて頂きたいと考えています。
量産品とは別に開発段階での試作や加工方法なども検討させて頂いており、量産に移行した後の加工方法も合わせて検討する事で、量産時のコスト低減の提案なども総合的にご協力させて頂く体制となっています。